【関東2期生募集】介護エンターテイナー石田竜生のリハレクトレーナー講座

o1600106613915396642

東京開催 関東2期生募集中!

リハレクトレーナー2級養成講座
1日で受講できます!遠方からもどうぞ!

【レクや体操に劇的な変化を】
リハビリ×レクリエーション
毎日にもっとリハビリを

リハレクトレーナーの一番の特徴は、
レクリエーションにリハビリの視点を取り入れているところ!
理学療法士・作業療法士の受講生もとても多く
セラピスト業界からも大変注目されています!

『もう、一日をボーっと過ごす人を見たくない』
『身体を動かす喜び 大声で笑う楽しさを味わってもらいたい』

そんな想いをもった人だけ来てください。
介護業界を改革していく本気のメンバーを集めます!

1日で受講可能となりました!

◆日程

5月7日(日)10:00~18:30(途中昼休憩あり)

※1日での受講となります。※昼食をお持ちください

 

◆お申し込みは
下記メールへメッセージをお願いします。

フルネームをお書きください。

✉ pontatu727@gmail.com

———————————————————
◆リハレクトレーナーとは◆
「ただ楽しむだけのレク」「体操時間だからただ体操をする」
そんな考えからの脱却を目指しています!

「ただ楽しむだけのレクリエーション」「体操の時間だからただ体操をする」
「レクリエーション=ゲーム」

そんな考えでのアクティビティ提供ではもう時代遅れです!

求められているのは
リハビリの要素を取り入れたレクリエーション

今、介護現場だけではなく

回復期の病棟でもレクリエーションは求められています。

こんなことで悩んでいませんか?
●レクリエーションがマンネリ化してしまっている
●レクリエーションのネタがない
●幼稚だといわれる
●進行方法が分からない
●人前で何かするのが苦手
●家に帰ると何もしてくれない
●みんなが楽しめるレクリエーションがない
●中重度の人でも出来るレクリエーションを教えてほしい

 

この講座で学べること
◎レクリエーションにリハビリの要素を取り入れる方法
◎ご利用者の活動(食事・排泄・入浴などADL)参加(地域・社会活動)の幅を広げ、目標を達成していく方法
◎生活機能・身体機能の維持・改善につなげていくための根拠のあるアクティビティ
◎身近なものをつかったトレーニング
◎家でも継続して実施できるようなアクティビティの提案
◎マンネリ・ネタ切れからの脱却 準備に時間をかけない
◎既存のものにプラス1のアイデアでクオリティUP

介護エンターテイナー石田竜生がすべての知識と経験をノウハウとして提供し、
新しい介護レクリエーションを提供できるトレーナーを生み出していきます。

 

【日程】

5月7日(日)10:00~18:30(途中昼休憩あり)

※1日での受講となります。

◆会場
豊澄ビル2階 虎ノ門セミナールーム

最寄り駅
東京地下鉄(東京メトロ)日比谷線 神谷町駅

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-22-11

◆持ち物
タオル
昼食

◆受講料
21000円

◆お申し込みは
このブログへコメント

またはメッセージをお願いします。

フルネームをお書きください。

✉ pontatu727@gmail.com
◆講師
石田 竜生
(介護エンターテイナー・作業療法士・ケアマネジャー・芸人)

 

リハビリの国家資格である作業療法士として働きながら、大阪よしもとの養成所に通い、お笑い芸人・舞台俳優の活動を続けている。現在、芸人・舞台俳優活動で培った技術を生かして、日本介護エンターテイメント協会を設立。
『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。
リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナーを開催中。開催したボランティアは、のべ100ヶ所を超える。施設研修・介護イベントをはじめ、デイ業界No.1 の月刊誌「月刊デイ」や自治体からの講師依頼多数。2015年11月には、インテックス大阪にて、来場者9000人規模イベントの講師を務めた。

 

 

◆卒業生の感想

Q.リハレクトレーナー2級養成講座に参加して、あなたが変わったことはどんなことですか?

レクの考え方が変わりました。自分の中でルールを作っていたような気がしますが、

今回受講し、たくさんの可能性を探せるようになりました。
また、リハの現場でもリハレクを自主練習として取り入れ工夫していくきっかけになれたことは私にとって強みになりました。
リハビリ・自主練習・運動が多くの人に「楽しい」と思って頂けるように

これからもまた頑張っていきたいと思います。
これからの仕事に必ず必要になるものだと思います。
どんどんリハスタッフも連れ、広めていきたいと思います。
作業療法士 大木様

 

リハレクではリハビリの視点からレクリエーションを見つめなおします。

講座では「楽しく取り組んでいたらいつの間にかリハビリになっていた」

そんなノウハウを紹介します!

 

レクリエーション=難しい という考えが強くありました。
しかし簡単なものを組み合わせるだけで楽しいレクリエーションが作れるということを

実感できました。
介護分野において運動の提供は出来ても、

レクを考えるということが出来ていなかったが少しずつ出来るようになったと思います。
レクに対する苦手意識が取れてきたと思います。
運動特化型のデイや通所をしているので運動をしなければという意識が強くあったが、

組み合わせることで利用者様も楽しく効果があるものを提供できると思いました。
理学療法士  A様
レクリエーションは難しくありません。

「プラス1」するだけでガラリと変化します。

運動=辛い と利用者さんに思われがちですが、

レクリエーションの「楽しい」を活かせばご本人の機能回復に繋がるのです。

 

 

皆さんを対象にするのではなく「今日はこの方を」という発想がびっくりしました。
毎日今日は何しようかなと考えることが楽しく、そしてそのレクを実践して、

入居者さんの笑顔が見れた時はうれしい気持ちでいっぱいになりました。
ここで勉強したことをスタッフたちに伝えると、
喜んでくれた事どこで考えたんですか?何でこんなこと思いつくんですか?
と言ってくれたことがヤッタ!と思えたことです。
もともとレクが好きで考えるのも好きでしたが、さらに好きになりました。
ケアスタッフ  A様

 

リハレクトレーナー2級養成講座では、

プログラムの例だけを紹介する講座ではありません。

プログラムの例を持ち帰っても、それを実践して終わりになってしまうからです。

それではまた「マンネリ化」「ネタ切れ」に繋がってします。

大切なのは「レクリエーション力」を鍛えること。

レクリエーション力を鍛えれば、自分で無限にレクを作ることができ、

他スタッフにも考え方を広めていくことが出来ます。

 

 

実際に講座で見聞き体験したレク、レクポイントを活かし何度も実践しました。
自分の盛り上げ方を生かす余裕が出き、場をゆっくりと見渡すことが出来ました。
また次のレクを行うことがワクワクしてきましたし、

レクに参加されていない方も「参加してほしい」と思えています!
デイスタッフさんにも伝えることを考えていきたいと思っています。
1つ分かればどんどん追加して考えていけるものでも、

突破口が分からず硬い感じになっていたと思います。
いい意味であまり気負わず、いい意味で準備せずにレクに取り組めるようになったと思います。
それで楽しめているのは、内容の大きな変化ではなく

「つかみ」や全体の流れを客観的に見る余裕が出来たからだと思っています。
緊張することもありますが

「あ~今顔ひきつってる」と自分と場の関係が理解できたことがとても強みになりました。
作業療法士  A様
リハレクトレーナー2級養成講座では、

レクの進行方法や場づくりのコツを紹介しています。

これが分かれば人前でも緊張せずに実践することが出来ます。

また、準備に時間をかけないレクを紹介しています。

「前日のレクの準備に時間がかかりすぎて他の仕事ができない・・・」

これでは本末転倒。

ちょっとのコツでレクはいくらでも作りだすことができるのです。

 

 

講座を受講すると元気が回復するような感じになりました。
OTの根本にあるものを石田さんが思い出させてくれました。
これから自分をもっと磨き、

患者さんとスタッフがともに楽しく過ごしていけるような

いきいきとした環境づくりを行っていけたらと思います。
作業療法士  吉中様
環境づくりのコツも紹介しています。

「思わず動いていたことがリハビリになっていた」

そんな環境づくりも僕たちの仕事なんです。

原点回帰!

なぜ今この仕事をしているのか?そんなふうに自分のルーツを探る講座にもなっています。

 

 

デイサービスのレク、休憩の合間時間にも失敗を恐れずにやっていけるようになりました。
「笑い」が何よりもリハビリには必要だと思い

「理由づけ」も加えるとさらに利用者様がイキイ参加してくださるようになりました。

「オリジナリティ」「自分の強み」を大切にこれからも頑張っていきたいと思います。
ケアスタッフ  A様

 

リハレクトレーナー2級養成講座では「自分の強み」を活かすレクも紹介しています。

自分の強みはその人の眠っている可能性を引き出します。

私たちは「相手の強み」「出来るところ」を伸ばしていく仕事です。

相手の「強み」を見つけるためには、まず自分の強みを見つけることから。

そこからオリジナリティが生まれます。

 

また集団リハをやるぞ!っていう思いが帰ってきました。
新人時代、同期と2人で毎日プログラムを考えたこと、

とにかく一生懸命だったことを思い出しました。
職場の体制も変わり、私が集団リハの実施に向けて動く役割が出来ました。
この1週間何度も講座のことを思い出したか、という毎日です。
これからがちょっと楽しみになりました。
作業療法士  A様
集団レクだけではなく個別のレクにも応用することが出来ます。

なぜならレクリエーションは「相手を深く知ること」から始まるからです。

講座の内容は必ず職場で活かすことが出来ます。

 

 

以下は、

月刊デイ主催のケアレク研修大会に参加してくれた方からの感想です。

 

朝には気づき5つと公言しましたが・・・

なんと44個も。

早速取り組んでいきます。

 

1日で44個の気付きが得られる研修!

かなりお得です(笑)

 

 

介護の世界に飛び込んだばっかりの自分には本当に勉強になることばかりで、

もう来年ケアレク研修大会に来なくても大丈夫かも?

と思うくらい、素晴らしい内容でした!
今まで真っ暗な中を手探りで進んでいたのが、

自分の進む道が明るくぽっと照らされたような気持ちです。

全国のべ100ヶ所以上で開催!

「こんなセミナーは初めて☆明日からの仕事にワクワク!」
☞セミナー・講演会のご依頼はこちらから☜

志高い仲間を募集中!
日本介護エンターテイメント協会HP
介護エンターテイメント協会Facebookページ

レクリエーション・体操の悩み共有しましょう!
レク・体操の情報交換会【Facebookグループ】

 

The following two tabs change content below.
ワーシャルWEBチーム

ワーシャルWEBチーム

ワーシャルWEBチームは、医療・介護・福祉で働く人のためのイベント情報を配信していきます!気軽にご参加・お問い合わせください。

エントリーはコチラ

サポーター募集
Copyright 2017 一般社団法人ワーシャル 医療・介護・福祉のチカラ