【働き方ラボ】Case.02:プリセプターから「もう辞めたら?」と言われたら

0I9A362915032155accyon2_TP_V (1) (2)

CASE02:プリセプターから「もう辞めたら?」と言われたら

こんにちは、ワーシャルのナカニシです。こんなこと言われたらあなたならどうしますか?

今回は、新卒で病院勤務8ヶ月くらいのときに相談があった看護師さんのお話をご紹介。

【相談した人】23歳 看護師Sさん

【どんな働き方?】バリキャリタイプ

【職場】看護学生時代の実習で関心を持った「NICU」新生児集中治療室で活躍中。

【相談ゴト】プリセプターから「もう辞めたら?」と言われちゃいました。

就職活動でも第一希望だった念願のNICUに務めて8ヶ月たちますが、

観察ができていなかったり、ホウレンソウの不足で毎日怒られてます。

そんな中、毎月あるプリセプターさんとの面談で、「もう辞めたら?」と言われたんです。
頑張ろうと思ったんですが、やめたほうがいいと思われている中続けるのがしんどいんですがどうしたらいいですか?

【相談メモ】そんな時あなたを助けるのは「充電コミュニティ」

まだまだ分からないことが多く不安な時期に「辞めたら?」の一言は確かにつらい!

辛いけど、Sさんは看護が好きで看護師として働きたいと思ってるんですよね?

先輩も人間でたまたまイライラしていただけかもしれないし、

もしかすると、「もっと頑張ってほしい!」とやる気を起こさせるために言った一言だったのかも知れない。

真意は分からないけど、でもどっちにしろ、そんな他人の一言にも負けないくらい自分自身の気持ちが「充電」できていれば問題ないんじゃないかな?

仕事をするって基本は「放電」でスマホみたいにどんどん電池がなくなる感じ。

▼仕事は「放電」じゃあどこで「充電」??

image01

「Sさんは何をしている時「充電」してると感じますか?」

私もサラリーマン時代はそうでしたが、仕事で「放電」したエネルギーを「充電する居場所」が必要でした。

そんな時は、「充電コミュニティ」!

わたしの場合は、野菜作りが趣味なので「農園コミュニティ」に参加したり、

ラーメンが好きなので、「ラーマンを食す会」を立ち上げたりして「充電」できる居場所を複数もっていました。

今は独立して、逆に仕事が楽しいので、働けば働くほど「充電」される感じですが(笑)

世界のトップビジネス思想家15人の1人リンダさんもおすすめ「充電コミュニティ」を複数持つ!

これ実は、経済界の世界的権威でもメチャ偉いと言われるリンダさん(リンダ・グラットンさん)の著書「ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉」でも同じようなことが書かれていました。

「2025年に世界の働き方はこうなる!」という未来の働き方の変化を予測している本なんですが、

その中のキーワードの1つで、

「自己再生のコミュニティ」という言葉があります。自分がやすらぎを感じることのできる人間関係を持つことも大切ですよってことですね。

私は当時意識はしてませんでしたが、この本を読んだ時、自分が本能的に場づくりしていた「充電コミュニティ」がしっくりきました。

ネットやSNSで便利な時代になればなるほど、リアルでアナログな「人」のつながりに飢えてしまうのかな?と感じます。

職場の外でいろんな意見や考えを持つ人のつながりは、客観的に自分を見てくれて、多様な視点を持つ「相談者」を見つけることができます。

こんな考えもできれば、あんな考えもある。

「思考の引き出し」を増やすことは、ストレスのクッションになりますね。

と言うとSさん、

「でも、わたし、、知らない人と話すの苦手なんですよね。。。」

とうことで、ワーシャルのコミュニティをいくつかご紹介しました。

3つのコミュニティ参加例

①「好きと遊び」でつながるコミュニティ:アソビ場

焼き肉を食べる!沖縄料理が好き!スポーツで汗流したい!など、

「好き」が共通する仲間が集まるコミュニティは、人見知りな人にも参加の敷居が低いのでおすすめ。

趣味でも、ヨガ、陶芸、パン作りなど、興味関心があれば何でもOK!

「充電」するには好きなことで思いっきり遊ぶ!Sさんにはココのコミュニティを最初に紹介しました。

 

②「共感と発見」でつながるコミュニティ:マナビ場

とは言っても、医療専門職ならではの悩みや相談もありますよね?

職場内では上司部下の関係があり、「怒られるかもしれない。。」という不安から、

腹を割ったコミュニケーションができなかったりします。

そんなときは、同じ専門職でも違う職場の先輩とつながるコミュニティは便利です。

ワーシャルのコミュニティデザインの出発点はココです。

利害関係なく、ストレートに質問することができます。

同じ悩みで「共感」したり、新しい「発見」があり、明日の仕事の活力になります!

 

③「パラレルキャリア」でつながるコミュニティ:シゴト場

過去記事:「ドラッカー推薦!パラレルキャリアという働き方」

でも紹介した、「パラレルキャリア」を磨くコミュニティ!

働く価値観がマンネリ化した時に、地域ボランティアやおもしろそうなバイト情報などもある「ジョブコミュニティ」です。

今の自分にない新しい働く価値観でセカンドキャリアを積みたいときにオススメ!

職場で得た知識や経験をアウトプットする成長の場としても活用する人も多いです。

未来に備えてセカンドキャリア、サードキャリア(本業以外のキャリア)を創りましょう!

 

【看護師Sさんのその後】

Sさんにコミュニティを紹介してから5ヶ月くらい経ち最近連絡がありました。

「ワーシャルのコミュニティに参加したおかげで楽しく働いてます!今度、富士山登るんですけど一緒にどうですか?」

と、どうやら「山ガール」が彼女の「充電コミュニティ」となったようです^^

Sさんは結局、退職もせずに、複数の「充電コミュニティ」に参加しながらイキイキと働いてるようです。

「コミュニティデザインは早期離職を防ぐ!」

▼世界のトップビジネス思想家15人」のひとりリンダさんの著書

「未来を自分で選択できる働き方をするには?」を考えるヒントに。

~WORK SHIFT(ワークシフト)~

 

ワーシャルでは、医療・介護・福祉で働く人が、地域で新しい働き方を創り出せるよう、

2017年~2020年は、

「未来につながる医療・介護・福祉コミュニティを全国に100個創り出す」*コミュニティ支援を含む

というビジョンを掲げてコミュニティデザインを支援していきます。

◆働き方の相談はできますか?

➡コチラのお問い合せフォームより気軽にご相談ください。ワーシャルキャリアサポーターよりご連絡させていただきます。

◆コミュニティに参加してみたいけど私にあったコミュニティってありますか?

➡コチラのお問い合せフォームより気軽にご相談ください。あなたにあったコミュニティをご紹介します!

◆コミュニティやイベントの運営に関わってみたいんですがどうすればいいですか?

➡いっしょに何かやってみよう!という方は、下記フォームより気軽にお問い合せください!

未来に向けて、ワクワクの種まきをしていきましょう!

コミュニティサポーターの条件

  • 好奇心を持って自分が楽しみ、その情報を発信すること。
  • 自分自身が活動家として、責任を持って活動すること。
  • 6ヶ月を1シーズンとして継続的に取り組めること。
  • 1シーズンを通して 月1回(月末前後)のミーティングor電話面談(1時間~2時間ほど)参加可能な方
  • 対象は全国!の医療・介護・福祉に関わる人

コミュニティサポーターの内容

  • 「医療・介護・福祉で働く人」の専門性を活かしたソーシャルイベント「場づくり」の企画立案
  • イベント運営に向けたミーティングの実施
  • イベント実施に向けたマーケティング・広報活動

コミュニティサポーターの特典

  • いろんな職場の仲間と出会うことで、楽しく「働く」を真剣に考えることができます。
  • 遊びながらプライベートや仕事に役立つリアルな情報やデータを手に入れることができます。
  • マーケティングやコミュニケーションスキル、ワークショップのファシリテーションスキルが身に付きます。
  • やりたい事を実現するための計画力、プレゼンテーションスキルが身に付きます。
  • 将来役立つ人脈とパラレルキャリアを磨くことができます。

【こんな人におすすめ!】

  • 医療・介護関連ではたらくひと(職種不問・学生OK)
  • 医師、看護師、介護士、PTOTST、社会福祉士、保育士など他これまでの参加者多数
  • 職場ではできないけど、やってみたいことがある!
  • 将来独立起業したい!
  • 医療・介護・福祉の専門性を地域に活かしたい!
  • 社交辞令不要でも楽しめるひと
  • いちおう人の話を聞けるひと
  • 自分らしさを大切にしてるひと
  • 前向きに課題解決にアクションしたいひと
  • パラレルキャリアを身に着けていきたい
  • 東海、中国、九州、四国、東北、北陸、北海道 各エリアで支部長候補募集中!
    *ネットワークビジネス、宗教勧誘、悪徳商法は「ごめんなさい」

自分に何ができるか分からない!けれど、、、、「なんかやってみたい!」という人、「未来の働き方」について相談したい人、

まずは気軽に下記ご記入の上送信ください。人に笑われても挑戦する人を応援します!






The following two tabs change content below.
ワーシャル代表理事 中西 信雄

ワーシャル代表理事 中西 信雄

株行会社ワークライフバランス認定ワークライフバランスコンサルタント
元上場企業のキャリアコンサルタントとして、一般職種から医療系人材まで、約10年間キャリア相談に関わる仕事を経験。これからは「働き方」を「つくる」「選ぶ」時代だ!!と強く感じていた矢先、3人の子育てをする妻が体調不良で仕事を辞めることに。家庭と仕事の両立ってホンマに大変!!という自身の体験を機に、働く人の「キャリアもライフも応援したい!」と考え独立。約200法人への採用支援と約2000名のお仕事の相談に関わった経験を活かし、社団法人ワーシャルの代表理事として医療・介護・福祉で働く人のキャリアとライフを応援中! *共感いただけたらシェア歓迎

エントリーはコチラ

サポーター募集
Copyright 2017 一般社団法人ワーシャル 医療・介護・福祉のチカラ