【働き方ラボ】Case05:あなたは1000円を3時間で何円に増やせる?【医療従事者が起業する時代】

YUUKI150321140I9A4377_TP_V

Case05:あなたは1000円を3時間で何円に増やせる?【医療従事者が起業する時代】

こんにちは、ワーシャルのナカニシです。ちょっと前ですが、こんな記事がでてました。

「医療従事者が起業するベンチャーが目立ってきた」

経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長補佐の富原早夏氏が登壇。「デジタルヘルスベンチャーは医療従事者や患者が抱えている課題を解決することに大きく貢献している」と述べた。

(引用元)2017年2月9日の日経デジタルヘルスケア(医療・健康・介護の技術革新で新産業を)記事より

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327442/020900108/?ST=health

 

ワーシャルでも、多様な働き方をする医療・介護・福祉の人達が多く、起業相談が年々多くなってきました。

実際の相談事例としては、

60代定年後に、健康カフェ併設クリニックを開業したい医師の方。

30代、小児専門訪問看護を作りたい看護師の方。

20代シェアハウスを運営したい介護士の方。

などなど、現実的かどうかはさておき、ワクワクする自由な発想をみなさんお持ちだったり、

社会の課題を解決したい!という想いをもっていたりします。

出も大事なのは、やりたいことを具現化する方法と行動力。

 

そこで、「将来起業したいんです!」という人には、どれくらい本気なのかテストの為、よくこんな質問をします。

「あなたは新規プロジェクトのリーダー!新規プロジェクトの投資として3000円渡すので、3時間でできるだけ増やしてください。」

という課題を与えられたら、みなさんはどうしますか?

という、いじわるな質問。

「パチンコに行く」

「ヤフオクで安く仕入れて転売する」

などなど、突拍子もない答えから、実現可能なプランまでいろんな答えが返ってくるのでオモシロイんです。

スタンフォード大学の起業家支援プログラムの課題

スタンフォード大学医学部で博士号を取得して、学生たちの起業家支援プログラムに携わったティナ・シーリグ先生という人が、

同じようにいじわるな質問をしていたことを最近知りました。

実際にスタンフォード大学の学生にチームを組んでもらい、このプロジェクトを実施してみると驚くべき結果が!

ティナ先生は、スタンフォード大学の集中講義で、

「いま、手元に5ドルあります。
2時間でできるだけ増やせと言われたら、みなさんはどうしますか?」

生徒達にこのような課題を出して、

各チームには、4〜5日プランを練ってもらい、実際にプロジェクトを開始したそうです。

もっとも稼いだチームは元のお金の「130倍」に!

なんと!1番増やしたチームは、5ドルを2時間で130倍の650ドルまで増やしたそうです!

3つの学生のチームが実際に行った事例がコチラの動画。

いったいどうやって増やしたのか?

気になる人は動画をご覧ください。

▼一番稼げたチームのポイントは「〇〇に気づく」こと!これぞ起業マインド

 

【まとめ】

もうすぐ起業したい!将来起業したい!と本気で考えているならナカニシまでご相談!

人生100年キャリア時代!学生から100歳までまで働き方の相談受付中。

▼「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」

一生涯役立つスキルを身に着けたい学生さんにおすすめ

ワーシャルでは、医療・介護・福祉で働く人が、地域で新しい働き方を創り出せるよう、

2017年~2020年は、

「未来につながる医療・介護・福祉コミュニティを全国に100個創り出す」*コミュニティ支援を含む

というビジョンを掲げてコミュニティデザインを支援していきます。

◆働き方の相談はできますか?

➡コチラのお問い合せフォームより気軽にご相談ください。ワーシャルキャリアサポーターよりご連絡させていただきます。

◆コミュニティに参加してみたいけど私にあったコミュニティってありますか?

➡コチラのお問い合せフォームより気軽にご相談ください。あなたにあったコミュニティをご紹介します!

◆コミュニティやイベントの運営に関わってみたいんですがどうすればいいですか?

➡いっしょに何かやってみよう!という方は、下記フォームより気軽にお問い合せください!

未来に向けて、ワクワクの種まきをしていきましょう!

コミュニティサポーターの条件

  • 好奇心を持って自分が楽しみ、その情報を発信すること。
  • 自分自身が活動家として、責任を持って活動すること。
  • 6ヶ月を1シーズンとして継続的に取り組めること。
  • 1シーズンを通して 月1回(月末前後)のミーティングor電話面談(1時間~2時間ほど)参加可能な方
  • 対象は全国!の医療・介護・福祉に関わる人

コミュニティサポーターの内容

  • 「医療・介護・福祉で働く人」の専門性を活かしたソーシャルイベント「場づくり」の企画立案
  • イベント運営に向けたミーティングの実施
  • イベント実施に向けたマーケティング・広報活動

コミュニティサポーターの特典

  • いろんな職場の仲間と出会うことで、楽しく「働く」を真剣に考えることができます。
  • 遊びながらプライベートや仕事に役立つリアルな情報やデータを手に入れることができます。
  • マーケティングやコミュニケーションスキル、ワークショップのファシリテーションスキルが身に付きます。
  • やりたい事を実現するための計画力、プレゼンテーションスキルが身に付きます。
  • 将来役立つ人脈とパラレルキャリアを磨くことができます。

【こんな人におすすめ!】

  • 医療・介護関連ではたらくひと(職種不問・学生OK)
  • 医師、看護師、介護士、PTOTST、社会福祉士、保育士など他これまでの参加者多数
  • 職場ではできないけど、やってみたいことがある!
  • 将来独立起業したい!
  • 医療・介護・福祉の専門性を地域に活かしたい!
  • 社交辞令不要でも楽しめるひと
  • いちおう人の話を聞けるひと
  • 自分らしさを大切にしてるひと
  • 前向きに課題解決にアクションしたいひと
  • パラレルキャリアを身に着けていきたい
  • 東海、中国、九州、四国、東北、北陸、北海道 各エリアで支部長候補募集中!
    *ネットワークビジネス、宗教勧誘、悪徳商法は「ごめんなさい」

自分に何ができるか分からない!けれど、、、、「なんかやってみたい!」という人、「未来の働き方」について相談したい人、

まずは気軽に下記ご記入の上送信ください。人に笑われても挑戦する人を応援します!






 

 

The following two tabs change content below.
ワーシャル代表理事 中西 信雄

ワーシャル代表理事 中西 信雄

株行会社ワークライフバランス認定ワークライフバランスコンサルタント
元上場企業のキャリアコンサルタントとして、一般職種から医療系人材まで、約10年間キャリア相談に関わる仕事を経験。これからは「働き方」を「つくる」「選ぶ」時代だ!!と強く感じていた矢先、3人の子育てをする妻が体調不良で仕事を辞めることに。家庭と仕事の両立ってホンマに大変!!という自身の体験を機に、働く人の「キャリアもライフも応援したい!」と考え独立。約200法人への採用支援と約2000名のお仕事の相談に関わった経験を活かし、社団法人ワーシャルの代表理事として医療・介護・福祉で働く人のキャリアとライフを応援中! *共感いただけたらシェア歓迎

エントリーはコチラ

サポーター募集
Copyright 2017 一般社団法人ワーシャル 医療・介護・福祉のチカラ