看護男子インタビューVol1【京都市伏見区むかいじま病院】

看護男子

全国の看護師数の約7%ほどの男性看護師ですが、年々その人数は増えています。

2006年〜2016年の10年の間に33518人から107470人と約3倍となり、男性の新たな職業としても人気があがってきています。

▼男性看護指数の推移

今回は、京都市伏見区のむかいじま病院で活躍する男性看護師(以下「看護男子」)の

みなさんへのインタビュー記事を更新しました。

全2回の記事投稿にて、新卒看護男子から中堅パパナース、ベテラン師長まで多様な看護男子が働くむかいじま病院の現場に迫ります!

・インタビューさせて頂いた方

写真左:五味(ごみ)さん 23歳2018年新卒

写真中央:山縣(やまがた)さん 38歳 、看護師歴5年、3児のパパ

写真右:松本(まつもと)師長 56歳 看護師歴33年

 

ぼくらが出会った憧れの看護男子〜むかいじま病院で働くきっかけ〜

五味さん

実は、小学生の頃にむかいじま病院の外来を受診したことがあるんです。その時に、看護師に男性の方がいて「男性でも看護師になれるんだ!カッコ良いなぁ〜」と子ども心に思ったのが、私が看護師を目指したきっかけです。

山縣さん

患者として病院を受診した人が職員を目指すのって珍しいですよね。
実は、私も偶然、五味さんと同じ理由で看護師を目指したんですよ!

松本師長

2人とも同じ理由でむかいじま病院で働くことになったんですね。

山縣さん

そうなんです!初めて五味さんに聞いた時はびっくりしました。当時私は、看護学校に通いながら看護助手としてむかいじま病院に勤務していたのですが、その時に憧れたカッコイイ先輩看護男子がいたんですよ。しかも、その人が五味さんが患者として受診して時に出会った方と、どうやら同一人物!

現在はその方は九州の地元に帰省されたんですが、憧れた人がまさか同一人物とは!聞いて本当にビックリでした!

看護男子のプライベート〜パパナースの働き方〜

五味さん

私事ですが、来年、はじめての子どもが生まれる予定です。

松本師長

五味さん、おめでとう!!!パパ1年生!

山縣さん

私も子どもが2人いて、来年3人目が生まれる予定です。むかいじま病院は子育てしながら働く人が多いので、職場の仲間はとても子育てと仕事の両立に理解があります。子供が急に熱を出した時にも、松本師長が柔軟に対応して下さるのでいつも助かっています。

五味さん

先輩が実際に子育てしながら、働いているので、これから自分がパパになった時に仕事のこと、子育てのことを相談できる環境があるのはとても心強く感じています。

看護男子の役割とは?〜職場で男性として意識していること〜

山縣さん

女性看護師の潤滑油になれるように頑張っています(笑)私が考える「良い職場」は、「みんなが笑顔で働いている職場」だと考えています。

五味さん

力仕事や電気系の修理は任せてください!という感じです(笑)。出来る限りの気配りと雰囲気づくりをしていくことも重要だと感じています。

男性看護師がむかいじま病院には看護男子が多いので、女性職場における男性の悩みを打ち明けやすい環境だと感じています。

山縣さん

松本師長はこれからどんな取り組みをしていきたいとお考えですか?

松本師長

まずは看護ケアの方法を統一し、徹底した教育を行っていきたいと思っています。他の職場でも、会議が必要以上に多く、”会議を減らすための会議”をしているところも多くあるなど、会議の進め方や院内教育、勉強会なども新しい形を検討しています。また、好き嫌いや経験で業務を進めるのではなく、まずエビデンスを提示してもらい、業務内容をルール化する時には、エビデンスを元に資料を作成、周知するようにしています。

未来の仲間へ〜むかいじま病院で働くメリット〜

松本師長

わたしはまだこちらの病院にきて日が浅いので、山縣さんお願いします。

山縣さん

男性目線でいくと、かわいい看護師さんやセラピストが多いです(笑)

それは冗談として、実際私も実感していますが、子供がいるパパには働きやすい職場だと思います。男性の管理職としての松本師長がいることが非常に大きなメリットです。

五味さん

男性が管理職にいること、そして現場の先輩にも男性がいることは大変なメリットで、相談もしやすいです。

こんな人といっしょに働きたい!

山縣さん

一緒に切磋琢磨し、向上心を持って高め合える関係性が理想です。

五味さん

山形さんと同じく、一緒に高め合える人と働きたいです。

松本師長

自ら勉強して業務内容を一緒に改善していける看護師さんです。

まだまだ発展途上ですが、これから一緒にむかいじま病院の職場づくりに取り組んでいければと思いますので、気軽に見学に来てください。


▼むかいじま病院の看護師募集ページはこちらより

 

 

 

 

 

 

 


次回、看護男子インタビューその②は「看護男子のキャリアデザイン」についての話題を発信予定ですのでお楽しみに!

(その②へ続く。お楽しみに!)


◆ワーシャル 看護男子プロジェクトとは?