1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ジブンメディア】ソーシャルコマース(ライブショッピング)説明会!開催後レポート(18.12/6)

【ジブンメディア】ソーシャルコマース(ライブショッピング)説明会!開催後レポート(18.12/6)

先日(12月6日)ワーシャルで、【ジブンメディアセミナー】として、ソーシャルコマース説明会が行われました。今回はそのレポートになります。

◽️【ジブンメディア】ソーシャルコマース説明会の概要はこちら⬇︎

[memo title=”【ジブンメディア】ソーシャルコマース説明会”]概要[/memo]

講師の遅咲まんたろうさん

「ソーシャルコマース」って?

「ソーシャルコマース」とは、分かりやすく言うと、ネット上での「ライブショッピング」のことです。

ネット上で、お客さんとリアルタイムでのコミュニケーションを取りながら物販を行います。 中国ではすでに市場が確立しており、日本でも、つい最近ではAmazonがサイバーマンデーでライブ配信を始めたことで話題になり始めています。 

ワーシャルでのソーシャルコマース説明会の実際の動画

当日の様子は、Twitter及びFacebookで一部の内容をライブ配信で行なっています。

(下にTwitterのツイートを貼り付けていますので、クリックでTwitterへのログインなしで簡単に動画を見ることができます。)

簡単に動画の内容を説明すると、遅咲まんたろうさんがスマホで「メルカリチャンネル」に繋ぎ、いつも交流されているフォロワーの皆さんと一緒にお話をさせて頂きました。

 

スマホの向こうの方々はすごく温かく「こんばんは〜!」と気さくに挨拶して下さいます。

表現が難しいですが、ネット上の世界と現実の世界が溶け合うような感覚があり、すごく不思議な体験です。会場に来ていた皆さんは大興奮で、すごく楽しい時間を過ごさせて頂きました。

”体験価値”の時代

まんたろうさんが筆を取り出し、一筆を書き始め、実際にその場で販売します。(その様子も下のTweetで見ることができます。)

ソーシャルコマースでは、既存のネット通販サービスとは違い、完成品の商品の価値だけでなく、筆文字を書いている様子をライブ配信しながら販売することで体験価値が商品の価値に含まれるようになります。

 

スマホの向こう側の人が、自分のために希望の文字を描いてくれる。

その様子を実際にネットのライブ配信で見ることで、視聴者の方はその筆文字がどのように書かれたのか実際に見ることができ、そこに新しい価値が生まれます。

シゴトを創り出す”ことがワーシャルの1つのミッション。

ソーシャルコマースは非常に汎用性が高く、

  • 高齢者や障がい者の手作り作品
  • アート
  • 地方の農家
  • 個人の社会的複業

などなど、新しい商品の販売方法として、非常に大きな可能性を秘めており、それを実際に体験できる説明会となりました。

ワーシャルでは2019年1月にも引き続き、ソーシャルコマースの説明会を行なっていきます。

関連記事