1. HOME
  2. インタビュー
  3. 地域で働く看護師のやりがいとは?〜福田総合病院 訪問看護ステーション 座談会インタビュー〜

INTERVIEW

インタビュー

地域で働く看護師のやりがいとは?〜福田総合病院 訪問看護ステーション 座談会インタビュー〜

今回は、福田総合病院の訪問看護ステーションで働く3人の看護師さんに座談会形式でインタビューさせて頂きました。

訪問看護ステーションや在宅分野での看護師さんの仕事のやりがいや職場の魅力を座談会という形でお届けします。

座談会参加者

fukudsougoubyouinn-houmonnkanngo

  • 左:正法(しょうほう)さん  看護師歴20年目
  • 中:田中さん  看護師歴19年目
  • 右:磯田さん  看護師歴7年目

今までのキャリアについて

~はじめに、今までのキャリアを教えてください。

正法さん:急性期の病院の手術室で18年間看護師として勤務し、その後、外科病棟、放射線科で勤務しました。改めて今後の自分の働き方を考えた時に、夜勤がなく、家族の時間を作れる環境が良いと思い訪問看護に転職しました。

磯田さん:以前は整形外科の病棟で6年勤務していました。昔から在宅に興味がありました。

田中さん:キャリアとしては、老人保健施設(老健)、回復期、ICUを経験しています。前職は外来勤務をしていました。その前は妊娠、子育てで5年程働いておらず、ブランクがあります。在宅で看護師として働こうと思ったのは、主人の両親の介護をすることになったことがきっかけです。これから老老介護とか在宅介護が増えるだろうなと思いました。

回復期病院で勤務していた時も一人の方と長く関わる機会があるとすごく嬉しかったので、在宅でも同じように感じます。

 

~訪問看護をやってみようと思ったきっかけは?

磯田さん:看護師の資格を取得した頃から訪問看護に興味がありました。私の祖父母を看護師さんが自宅で見てくれていて、その頃から看護師という仕事に興味を持っていました。看護実習でも地域に出るとすごく楽しかったことを覚えています。

正法さん:看護師として長く働くためには、体力的なこともあるので、ワークライフバランスを考えることも大切なことだと思います。あと、今後在宅分野の看護師が増えると思って先に経験しておきたいという思いもありました。

 

~看護師になろうと思ったきっかけは?

正法さん:女性も男性と同じように生涯かけて取り組む仕事を持つ時代になると思っていて、手に職を持ちたいと思い看護師を目指しました。

磯田さん:わたしは、従兄弟が看護師をやっていて、その姿にずっと憧れていたのがきかっけです。

 

~訪問看護師としてのやりがいはどんなところにありますか?

正法さん:利用者さんから直接ありがとうと言ってもらえるのが大きなやりがいだと感じますね。病院よりも患者さんと距離感が近いですよね病院では話してもらえないようなお話が聞けます。看護師なんですけど、患者と看護師という関係性ではないという感じです。

磯田さん:病棟とは全然周囲の環境が違うので、やっぱりありがとうという言葉を頂けることが訪問看護の方が多いですね。

田中さん:病院は患者さんの人生の一つのの時期に関わる感じですが、在宅は地域も含めて丸ごと長く関わるので、より濃く患者さんと関われます。

〜在宅で働くことに抵抗がある看護師さんも多いように感じますが、どう思われますか?

正法さん:ある程度の経験と知識がないと訪問は怖いと思う方も多いかもしれませんね。まずは、在宅看護に興味を持ってもらえるようにしていかないと・・。でも、今後は在宅に来る看護師さんも徐々に増えると思っています。

職場の良いところ

〜この職場の良いところを教えてください。

正法さん:基本的に残業がないので、ワークライフバランスを考えて仕事に取り組めます。あと、スタッフとコミュニケーションが取りやすいです。気軽にプライベートのことでも何でも相談できますね。

田中さん:ここは特に職場の雰囲気が良くて結束力があります。私は、色んな職場を経験したきたので間違いありません(笑)。

〜みなさんが考える、理想のチームを教えてください。

正法さん:ITICTを活用して、みんなが手軽に情報共有できるような環境があること。一方でお互いを尊重し、人と人との対話も同じように大切にできるチームが理想だと思います。仕事もみんなでシェアし、協力してこなしていける関係性が理想ですね。

磯田さん:みんなで円滑にコミュニケーションが取れるチームです。

田中さん:たしかに、みんなで譲り合いができる環境だと素敵ですね。福田総合病院の訪問看護ステーションは、色んな年齢層の看護師が在籍していますが、年齢に関係なくフランクに話せる環境です。経験豊富な看護師さんが多いので、自分の子供の体調の相談も気軽にできますしね。

福田病院,訪問看護

↑田中さんのお子さんが描いた写真。手帳に入れて持ち運んでいるそう。

「やる気スイッチ」は?

〜皆さんのやる気スイッチはどこにありますか?

磯田さん:休みの日にディズニーランドに行くとモチベーションが上がります。(笑)

田中さん:イケメンに会うこと(笑)と、休日子供や家族と一緒に遊ぶことです。

正法さん:美味しいご飯を食べることです。(笑)

 

〜未来の職場の仲間へメッセージをどうぞ!

福田病院,訪問看護

↑皆で食べる昼食。今日はオムライス。

正法さん:自転車を一生懸命漕ぐけど、事務所でお菓子をたくさん食べるので太ります(笑)。リハ職(理学療法士・作業療法士)ともすごく仲が良い職場ですよ。

田中さん:在宅の良さは正直やってみないとわかりません(笑)。とりあえず飛び込んでみてはいかがでしょうか?

磯田さん:本当にコミュニケーションが取りやすい職場です。

皆さん:お昼ご飯をみんなで食べましょう、美味しいですよ!(笑)※近所に美味しいお店があり、出前で事務所にお昼ご飯を運んでくれるそうです。

以上、福田総合病院の訪問看護ステーション座談会でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

福田総合病院の看護師募集ページはこちらより

福田総合病院

 

インタビュー一覧