1. HOME
  2. ブログ
  3. 子どもたちの65%は将来今ない職業ににつく!?~子どもの未来にどう大人が関わるか?~

子どもたちの65%は将来今ない職業ににつく!?~子どもの未来にどう大人が関わるか?~

子どもたちの65%は将来今ない職業ににつく!?

~子どもの未来にどう大人が関わるか?~

 

未来の仕事と働き方

最近医療系学生や看護学生の就職相談にのる時には、よく「キャシー先生の言葉」を借りてます!

キャシーって誰??

そう、アメリカのエライ先生!

もう6年前ですが、米デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏が、2011年8月のニューヨークタイムズ紙インタビューで語った言葉。

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」

その言葉を聞いて、私が子どもの頃をふりかえってみました。

そういえば、今当たり前になっている、携帯や液晶TVも昔はなかったな~。

職種で言うと、

  • 「ユーチューバー(YouTuber)」
  • 「アフィリエイター」
  • 「スマホアプリエンジニア」

という職種なんてなかったし、

働き方で言うと、

  • 「フリーター」
  • 「ノマドワーカー」
  • 「ニート(自宅警備)働き方ちゃうか!?」
  • 「派遣」
  • 「パラレルキャリア」

なんて働き方もほとんどなかったし、

職場で言うと、

NPOや社団法人なんてのも今ほどメジャーではなかった。

そのメジャーじゃない「社団法人」を自分がまさか立ち上げるなんて予測もしてませんでしたが、、、

ちなみにキャシー先生の言葉は、文部科学省の教職員の方針についても取り上げています。

“今の子供たちの 65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く“今後 10~20 年で、雇用者の約 47%の仕事が自動化される”といった予測もあるように、将来の変化を予測することが困難な時代を生きる子供たちに対しては、社会の変化に受け身で対処するのではなく、自ら課題を発見し、他者と協働してその解決を図り、新しい知・価値を創造する力を育成することが喫緊の課題である。

そのためには、子供たちに「何を教えるか」だけでなく、子供たちが「どのように学ぶか」という視点が重要であり、「アクティブ・ラーニング」の視点5で授業を改善し、課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習を充実させていくことが求められている。

*教職員等の指導体制の在り方に関する懇談会提言より一部引用

この中の言葉、「自ら課題を発見し、他者と協働してその解決を図り、新しい知・価値を創造する力」って言うのは簡単ですが、果たしてどうやって身につけるのでしょうか?

それを一緒に考えてくれるのは、学校や教育者だけではなく、「大人の関わり」が重要なのかなと考えています。

 

子どもや学生の未来にどう大人が関わるか?

変化が激しく、予測できない未来を生き抜く必要がある子どもたちや若者に対して、大人はどう関わればいいの?どんなことを伝えればいいの?ってことを

子どもに対しても、学生に対しても考えるわけですが、私は、まずは大人が子どもや学生の未来に「関心」「興味」をもつことが大事だと考えています。

 

マザー・テレサがかが言ってましたね、「愛」の反対は「無関心」であると。

大人の考えをおしつけず、先入観を持たずに、まずは、子どもたちや若者の未来に「関心」「興味」をもつことから始めてみてはいかがでしょうか?

 

先日、私がいつも学生さんにする定番の質問の1つを子どもにもしてみました。

「10年後どうなってると思う?」

私の子どもは、長女小4(10)、長男小2(8)、次男年長(6)なんですが、

長女「ファッションデザイナー!結婚はまだかな。」(早くも結婚というワードがでるJSのリアル。。ちょっと前まで成りたい職業は確かアイドルで、その前はケーキ屋さん。。女心はうつりやすい、、)

長男「ドーナツやさん」(君は10年後まだ高3やけどな!一貫して幼稚園から将来の夢が変わらない長男。ミスドに勝てよ!)

次男「でっかい男」(チビやけどなれる!!)

▼将来の夢「ドーナツ屋さん」に向けて手作りドーナツに挑戦する長男

donuts (1)

未来は不安か?ワクワクか?

なんか、子どもたちの未来の話を聞くと「ワクワク」しませんか?

将来を考えたときに、「不安」が強いか、「ワクワク」が強いか。

未来は分からないから「不安」も「ワクワク」もどちらもあって当然ですが、この「ワクワク」をワーシャルでは、事業選択のキーワードにしています。

未来を考えたときに「ワクワクする挑戦」を選ぶ!

この選択が、「正しい」とか「正しくない」ということではなく、ワーシャルの価値基準のキーワードということです。

もちろん、学生には目の前の就活に対するHOW TO(ハウトゥ)もバッチリお伝えしてます!

 

将来の変化を予測することが困難な未来を生きる子どもたちや学生に対して、私たち大人がワクワク働いている姿を見せたいもんです!

ワーシャルでは、医療・介護・福祉業界の職場改革を行う講師をはじめ、小学校・中学校・高校・大学などの教育機関や地域活動向けに、ゲストティーチャーとしてボランティアしてくださる医療・介護・福祉専門職を募集してます!

ご興味のある方は下記LINE@よりご登録ください。

 

LINE@限定 働き方に関するブログ・イベント無料で情報配信中友だち追加

The following two tabs change content below.
ワーシャル代表理事 中西 信雄

ワーシャル代表理事 中西 信雄

創業者一般社団法人ワーシャル
元上場企業のキャリアコンサルタントとして、一般職種から医療系人材まで、約10年間キャリア相談及び、法人採用サポートに従事。 「働き方」=「生き方」を応援したいと考え、社団法人ワーシャル設立。 約300法人への採用支援と約3,000名のお仕事の相談に関わった経験を活かし、「①個人②企業③社会が3方良し」の「社会的複業」という働き方を実践しながら、「ジブンゴトで面白くする」医療・介護・福祉業界の働き方改革を実施中。

関連記事